ブロックチェーンとAIの融合に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

ブロックチェーンとAIは共に現在の社会システムを破壊する力を秘めていますが、今後はこれらが組み合わさり様々なシーンで活用されていくことになると思っています。

今回は、この組み合わせの相性の良さと将来性について説明していきます。

スポンサーリンク
ブロックチェーンとAIの相性

この両者の相性を確かめるために、まずは両者の特徴を整理したいと思います。

 

ブロックチェーンの特徴

・非中央集権的なシステム

・データの改ざんが不可能に近い

・ゼロダウンタイム

 

AIの特徴

・自己学習機能

・ビックデータの解析

 

このようなものが挙げられるかと思います。

では、これらが組み合わさるとどうなるのでしょうか。

ここからは、想像(妄想)ですが、

 

・AIの学習精度の向上

AIが学習するためには、正確なデータが必要です。このデータが改ざんされてしまったら、思い通りの動きをしなくなってしまうでしょう。

この点においては、ブロックチェーン上にAIを配置することで、改ざんがほぼ不可能なデータを用いて学習することができるので、AIが正しく学ぶことができるようになります。

 

・24時間365日働かせられる

AIが中央集権的なシステムに配置されている場合、サーバがダウンしてしまったら、AIも動作しないでしょう。

ブロックチェーン上であれば、ゼロダウンタイムが実現できるため、24時間365日働かせることができます。

スポンサーリンク

 

・ブロックチェーンもよりセキュアに

パブリックなブロックチェーンであれば悪意のある者もアクセスしてくると思いますが、セキュリティに強いAIを配置することで、ネットワークに参加する前にはじき出すことも可能になるのではないかと思います。

 

・AIの開発者も恩恵が

ブロックチェーン上のマーケットでAIをリースしたり販売することも可能になると思われるので、開発者は会社に属さずとも、自分で開発したAIを世界中に直接販売することができ、大きなマージンを得られることになると思われます。

 

このようにブロックチェーンとAIの組み合わせはとても相性が良く、今後大きく成長していくと思われます。

既に動き出しているプロジェクトもあり、僕もいくつかのプロジェクトで発行されたトークンを保有しています。

僕が保有しているトークンについては、こちら(AIとブロックチェーンの融合「ATN」 今後期待できる仮想通貨人工知能「ソフィア」の開発者がCEOの「AGI」今後期待できる仮想通貨)をご覧ください。

ちなみにこのトークンは、国内の取引所では、取り扱っていませんので、海外取引所の口座を開き、国内取引所から主要通貨を送金して、その通貨で購入する必要があります。

海外の取引所についてはm基本的にはメールアドレスの登録ぐらいで簡単に開設できますので、これを機に開設するというのも良いかと思います。

国内の取引所を開設していない人がおられましたら、「Zaif」取引所をおススメしています。以下のリンクまたは、バナークリックで開設画面に飛びます。

Zaif

取引所の開設手順については、「zaif取引所の開設方法(スマホVer)~これから仮想通貨を始める方へ~」をご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*