ブロックチェーン業界に革命をもたらす「COMSA」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

今回は、日本で仮想通貨取引所「Zaif」を運営しているテックビューロ社が行っているCOMSAプロジェクトに関してなるべくわかりやすく説明してみたいと思います。

スポンサーリンク
COMSAの特徴

ICOと共に提供される優良なサービス

COMSAプロジェクトは、単に企業のICOをCOMSA上で行うだけではなく、以下のサービスも行います。

初期に提供が開始されるサービスは以下の通りである:
● ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。

● 既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。
● ICOとトークン化におけるリーガルサポート。
● 他言語のホワイトペーパー作成。
● クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。
● Zaif取引所でのマーケット提供。
● オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブ ロックチェーンmijinの提供。
● NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可 能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。
● NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。
● Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。 COMSAのプラットフォーム全体が完成した暁には、既存と新規のICO案件に対して、上記に加え 以下のサービスをソリューションの一環として提供する: ● COMSA​ ​COREのインテグレーション。
● パブリックブロックチェーンとmijinのプライベートブロックチェーンとを接続しペッグす るためのCOMSA​ ​HUBのインテグレーション。

COMSAホワイトペーパーRev.1.2より引用file:///C:/Users/yu_as/AppData/Local/Packages/Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe/TempState/Downloads/COMSA-Whitepaper-Japanese%20(1).pdf

こんなに多くのサービスを提供してくれるICOソリューションはCOMSAだけではないでしょうか。

 

これらのサービス全て素晴らしいのですが、この中でも特に素晴らしいと思うものについて語ってみます。

 

「トークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン」

これは、ブロックチェーンを用いた新たなサービスを企業が考案したとしても、具体的なプランを建てるには、その業界に精通している人の助言が必要ですが、今現在、ブロックチェーン技術を擁している企業はまだ多くありません。

そういった中で技術も経験も併せ持つテックビューロ社に、ICOの設計から携わってもらえるというのは、かなり企業側も安心できるのではないでしょうか。

 

「ICOとトークン化におけるリーガルサポート」

今現在(2018年2月)、日本国内ではICOを行える状態にありません。

ですが、テックビューロ社は、COMSAプロジェクトを推進するため、日本におけるICOの仕組みづくりを金融庁と共に行っています。

この部分はとても重要で、「COMSAが実際に始動する」≒「金融庁に認められた」ということになります。

これはICOを行いたい企業、ICOに参加したいユーザー双方に大きな安心感を与えることになりますので、大きく注目を浴びることになると思います。

もちろん、海外での規制も激しさを増しているところですので、規制の枠組み内で行えるICOソリューションだということが広まれば、世界中の目がCOMSAに向くことでしょう。

ちょっと話がズレてしまっていたかもしれませんが、このように法令順守で行っているプロジェクトであれば手厚いリーガルサポートを受けられることと思います。

 

「Zaif」取引所でのマーケット提供

これ、僕らからしたら超重要ですよね!

だって、今現在、ICOは世界中で行われていますが、ICOで販売されたトークンがいつまで経っても取引所への上場が決まらないものも多い状況なので。

つまり、無価値で終わる可能性が高いトークンが多く存在している状況です。

マーケットが提供されるということは、発行されたトークンの上場が予め決定しているということなので、無価値になってしまう可能性が限りなく低くなりますので、投資家にとってはとても安心できるサービスかと。

 

プライベートブロックチェーンmijinの提供

これも大きな特徴と言えると思います。

個人的には、プライベートブロックチェーンは大きな可能性を秘めていると思っています。

なぜかというと、パブリックブロックチェーンでは、参加者を制限できないため、多くのユーザーがネットワーク上に存在することになります。

スポンサーリンク

これは、金融取引などの場合には、透明性を確保し、不正を防ぐ意味でもパブリックな方が良いのかと思いますが、企業内部だったり、特定のユーザーとの間だけにブロックチェーンを実装する場合、パブリックでは都合の悪いことが多々出てくると思われます。

こういった部分をカバーしてくれるのが、プライベートブロックチェーンであり、現在の中央集権的なシステムを維持しつつ、ブロックチェーンのメリットを得ることができます。

ブロックチェーンは、非中央集権的なシステムとして注目を浴びているのですが、現在の社会システムは中央集権的なものなので、いきなり真逆に持っていくのはかなり難しいと思われます。

なので、現在の社会システムを根本から破壊することのない、プライベートブロックチェーンは今後多くの企業が導入に向けて検討していくのではないかと思います。

 

このようなプライベートブロックチェーン「mijin」を導入するだけで、他社との差別化が図れると思うので、提供される企業側にとっては、大きなメリットになると思われます。

 

ペッグされたトークンの提供

これは、COMSAとZaif取引所、が連動することで、例えばビットコインをイーサリアム上で使えるようにしたり(原則にはビットコインそのものを使えるようになるのではなく、ビットコインにペッグしたイーサリアム上で使えるトークンを発行する)、mijinをとおして、プライベートブロックチェーン上つまり、自社が提供するサービスにおいても利用できるようになる。

これにより、異なるブロックチェーンを跨いだ取引が可能になり、取引手数料やボラティリティリスクを低減することができ、またICOにおけるボラティリティのリスクについても低減することができる。

このICOにおけるボラティリティリスクについては、「ICOもう一つのリスク」をご覧ください。

 

 

 

COMSAでのICO案件

・CMJ(株式会社クリプトマイニングジャパン)・・・クラウドマイニングサービスを提供している企業

CMJのホームページ

・Looop・・・発電製品(太陽光発電設備等)の販売や、CMJ及びテックビューロ社と3社でのマイニング事業を計画

Looopのホームページ

・VERSES・・・アメリカでVR及びAR事業を行っている企業。VR上での資産の取引などにブロックチェーンを活用すると思われる。

VERSESのホームページ

 

 

まとめ

COMSAを一言で言うと「実社会に受け入れられやすいブロックチェーンマーケットプラットフォーム」と言えるのではないでしょうか。

なぜなら、中央集権的なシステムと非中央集権的なシステムのいいとこどりをした画期的で使い勝手の良いシステムだからです。

今後は、資金調達においてCOMSAを利用したり、既にブロックチェーンを導入している企業がマーケットへのHUBとして利用したりと様々な場面での利用が考えられますし、実際に利用する企業も増えていくのではないでしょうか。

でにICO予定の案件もあり、案件をこなす毎に知名度も上がっていくことと思われます。

また、近々「Catapult」の実装も予定されているので、より注目されていくでしょう。
「Catapult」については、「驚異の性能Catapultとは」をご覧ください。

このように、かなり期待しているCOMSAなのですが、COMSA自体のICOは既に終了してしまっていますので、COMSAトークン(CMS)を手に入れたい方は、日本国内ではZaif取引所でしか扱っていないので、これを機に開設してみてはどうでしょうか?

開設手順については、「Zaif取引所の開設方法(スマホVer)~これから仮想通貨を始める方へ~」をご覧ください。

開設手順は難しくないので、手順を見なくても問題ないという方は、以下のリンクまたはバナークリックで開設用ページに飛びますので、ご活用ください。

 
Zaif


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*