ブロックチェーンゲームで稼ぐならこのゲームに投資するのがいいかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも、最近ブロックチェーンゲームと呼ぶか、CryptoGameと呼ぶか真剣に迷っている「ゆう」です。

今回は、将来的な妄想も含めて、今から仕込んでおきたいブロックチェーンゲームを紹介したいと思います。
(ふつうにブロックチェーンゲームって呼んでるやんw)

スポンサーリンク
稼げるブロックチェーンゲームの条件

スポンサーリンク


稼げるブロックチェーンゲームの条件。

うーん。なんでしょ。

流行のCryptoKitties?BitPet?
それとも大穴のCryptoHorse?w
CryptoHorseは個人的におススメ!稼げるかどうかはわからないですが。)

いやいや、もう先行者がいすぎて、今からは無理っしょ。

なら、まだまだローンチされたばかりのゲームを狙う?

わっ!
またブロックチェーンゲーム増えてる!

でも、どれが流行るかわからないし。

いや、待てよ!
流行らなくても良くない?
可愛いキャラとかいなくても良いんじゃない?
むしろマイナスイメージなものでも良いんじゃない?
皆に使われればいいんだから!

そうです!無意識でもいいから使われれば価値が上がるはず!
ここがポイント!

どういうことなのか詳しく説明します。妄想と妄想が入り混じってしまうかもしれませんがご容赦ください。

ブロックチェーンゲームの魅力は、「ブロックチェーンゲームとは?ゲームで遊びながら稼げるかも!?」で紹介した通り、異なるゲーム同士でコラボ(実際にゲーム内アセットを行き来させることができる。)できることです。

ということは、流行っているゲームとコラボしてもらえれば、そのゲームのアセットの価値も高まるはず!

つまり、今後コラボされまくるであろうゲームに投資しておけば、価値が必然的に高まるのではないか?
と考えたわけです。

でも、そんなゲーム簡単に見つかる?
あります!
というか記事にしていました。

 

厄介?嫌がらせ?マイナス要素が多くてもコラボの可能性

マイナス要素があって良いんです。
むしろ、そういう方がゲームが盛り上がったりするんです。

相手に対して攻撃を行う場合や、ゲームのイベントの中で足を引っ張る存在として活躍できれば、よりゲームを面白くできるはず。
そんなブロックチェーンゲームがあるんです。

スポンサーリンク

以前紹介させていただいたInfect the World

Infect the Worldは、ウイルスを作って、感染させればさせるほどそのウイルスの価値が高まるおぞましいゲームです。

こんなおぞましいゲームですが、使いようによっては重宝されるかもしれません。

イベントでこのウイルスが撒かれることで、イベントの難易度が上がったり、プレイヤー同士で攻撃しあうときに使ったり。
用途は様々だと思います。

しかも、コラボ先のゲーム内で感染すればするほど価値が高まる仕様になれば・・・むふふっ

ちょっと妄想が過ぎるかもしれませんが、実際こういうマイナス要素のゲームとのコラボは個人的にはアリだと思います。

例えば、今プレセール中で大盛り上がりのブロックチェーンゲーム「ETH.TOWN
ETH.TOWNについては、こちら(ETH.TOWN(イーサタウン)の紹介)をご覧いただければと思います。

このゲーム内には、ヒーローと呼ばれるキャラクターが存在します。これにウイルスを感染させることで、キャラクターの能力値を下げたり、使用不能(これはやりすぎかなw)にしたりすることで、ゲームの難易度を上げることができます。
キャラからキャラに感染するなんて仕様にすれば、価値が高まる・・・むふふっ

また、卵から孵化する系のゲームの中で、この卵に感染するという仕様にして、感染している卵が孵化すると、キモいキャラが産まれたり、能力の低いキャラが産まれるなんて仕様にしても面白いかもしれません。

ちなみにInfect the Worldで僕が作ったウイルスはこちら↓

スポンサーリンク


もちろん、ここまでの話は、僕の勝手な妄想なのですが、技術的には可能だと思いますし、実装されれば難易度も上がって、より面白みが増すんじゃないかなと思っています。
CryotoHorseには感染しないでほしいですがw

ということで、ちょっと妄想がかなり入り混じった、曲がった視点からですが、Infect the Worldは、今よりも価値が高まる可能性ありってことで締めさせていただきます。

妄想っていいですよねw

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*