公務員になるまでの道のり~パート4~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

結局パート4まで来てしまいました。
ぶっちゃけ、パート4はあんまり面白くないかもしれません。
なんでかと言うと、ハッピーエンドだから!w

基本的には、他人の失敗話とかを読んでるほうが、笑えたり、こうならないようにしようとか思うものだと思います。
なので、少しでも笑えた方が良いという方と、パート1、パート2、パート3を読んでいない方はこちら(公務員になるまでの道のり~パート1~公務員になるまでの道のり~パート2~公務員になるまでの道のり~パート3~)までで、この話はパスしてもらっても大丈夫です!

では、今回は、パート3の暗黒時代を抜けたところから書いていきます。

スポンサーリンク

え!?結局パチンコ!?

日雇いバイトという精神的に過酷なバイトはもう辞めようと心に決め、新たなバイトを探すことに。
といっても中々良さげなのないんですよ。
地元なので、あんまり人と顔を合わせるバイトも嫌だったし、ある程度の時給を求めていたし。
失業手当も貰っている最中だったので、週3日くらいしか働いちゃいけなかったし。

こんな条件で働ける仕事があればなと、求人誌を読み漁っていたんですが、どーもパッときません。

かといって、バイトしないわけにもいかないし。。。

ちょ、待てよ。パチンコ店があるじゃないか!!w

ここまで読んでいただいている方はご存知でしょうが、パート2で僕はパチンコ店で働き、イヤな思いをしております。
なのに何で、パチンコ店なのか!?
答えは、学生時代にパチンコ店でバイトしていた時は、楽だったからw
要は、同じような仕事でも社員とバイトだと違うということです。
バイトであれば、残業ないし。過度に怒られることもないし。普通にやってれば嫌われることもないしw

ということで、ネットで近くのパチンコ店を調べまくりました!
(学生のときバイトしていたところは、色々心配されるのが嫌だったので、選択肢から除外しました)
そしたら、あったんです!
通えない距離じゃなく、しかもすごく廃れた、お客さんの少ない店が!w

すぐに電話してみると、面接してくれるということに♪
ちなみに、こんなお店(失礼っ!w)でも、履歴書は要求されましたw

面接では、失業手当を貰っているので、週に3日くらいしか働けないこと、公務員試験を受けるつもりであることについても、ちゃんと話しました。
人がよっぽど足りなかったのでしょう、速攻合格w
晴れて廃れたパチンコ店でバイトすることに。
(暗黒時代の続きじゃねーかよ!と思ってらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません!日雇いバイト時代に比べたら天国ですw)

 

廃れたパチンコ店でのバイト

まず、この廃れたパチンコ店のメンバーを紹介します!

店長:太った、怒ったりあまりしない男性(50代くらい)
社員1:小太りで、優しい感じの男性(40代くらい)
社員2:中肉中背の男性(30代くらい)
バイト1:やんちゃそうな男性(20代)
バイト2:静かな男性(20代)
バイト3:やんちゃそうに見えるけどしっかりした女性(20代)
バイト4:寡黙な女性(30代)
バイト5:頭悪そうな女性(20代)
バイト6:サッカー好きな男性(40代くらい)
バイト7:僕(当時25歳)

たしか、こんな感じです。

いくら廃れているとは言え、店長を除き、9人ってすごくないですか!w
繁盛店だったら絶対回りませんよね!
でも、しっかりこのお店は回ってましたw

お客は、常連のおじいちゃん、おばあちゃん、建設現場の兄ちゃん、明らかに違う世界のヤバそうな人(黒い服で、金のネックレスして、グラサンしてたw この人が来るときは、どうか勝って帰ってくれと切に願ってましたねw)
いっつもバイトも客も同じメンツw
で、パチンコには多くて10人ちょい、スロットには、多くて15人くらいしか来ないので、大してやることもないw

なので、大体、おじいさんとかがプレイしているのを、後ろからじーっと眺めるのが仕事w
パチンコ店に入ったことがある方はわかると思うんですが、台の音でめちゃめちゃうるさいんですよ!ふつーはw
ここは、お店で流しているUSENの音楽が常に聞こえています。
なんなら、仕事中に歌うことだって可能ですw

立って、手を前に組んで、誰かがプレイしている台の画面を眺めるか、歌を歌って時が過ぎるのを待つw
こんな楽なバイトはこれまで経験したことがありませんでしたねw

おかげ様で、ヘトヘトになるなんてこともなく、帰ってから勉強もできましたし。
本当にこのお店には感謝しています♪

強いてイヤなところを挙げるとしたら、こんな店(だから、失礼っ!w)!なのに、社員2が、グチグチと見回れとか、言ってくることくらい。
それ以外は、今思い出そうとしても思い出せないくらい、薄っい思い出になっています。

 

暗黒時代を生きる人がここにいた!

また暗黒時代かよっ!しつけーよ!
そう思った方は多いでしょう。いや、多くはないはず、読んでる人少ないからw

それはいいとして、いたんです!
ここにも暗黒時代を生きている人が!
今思ってみれば、ここで働いている人たちみんなが暗黒なのかもしれませんが(ほんと失礼っw)、特にあの2人はかわいそうでした。

誰かと言うと、社員1社員2。つまりここのお店に雇われている社員2人です。
社畜というのかわかりませんが、待遇が酷かった。。。

スポンサーリンク

・給料は20万くらい
・社会保険に加入していない。
・もちろんボーナスなし。
・年金も国民年金

これは、本人が言っていたものと、他のバイトが言っていたことをガッチャンコしたものなんですが、この待遇は酷くないっすか?
たしかに仕事も楽だけど、これじゃあ生活は豊かにならない。
きっと昇給もほぼ無かったんだろうし。。。

しかも、30代40代
当たり前と言ってはかわいそうですが、二人とも結婚していませんでした。
この条件で社員として働かすのは、さすがにヤバいなと思いましたね。
ブラックすぎる!!

たぶんこういう方々は、日本中にいっぱいいるんだろうなと思いました。
豊かになりたいけど、どうすることもできず、そのまま時が過ぎていって、泥沼にどっぷりとハマっていく。

こういう現実を見ちゃうと、不安にもなりましたが、こうなったらヤバいと思い、必死に勉強しましたね。

今どうしてるんだろ、片足だけでも抜け出せているといいけど。

 

公務員試験はどうなった?

暗い話ばかりですいませんw
僕としたことが、肝心な公務員試験について触れていませんでしたw

公務員試験は、パチンコ店でバイトしている時に2回受けました。

一回目は、通常の試験とは違い、中途採用という感じで、9月から採用される形の試験でした。
つまり、新卒を対象とする試験ではなく、社会人を対象とした試験ってことです。

二回目は、新卒、社会人関係ない、一般的な試験です。

ということは一回目落ちたん?
はい!見事に!w

ある程度人気のある自治体を受けたということもありますが、それにしても情けない出来でした。

まず、試験会場間違えましたw
(すみません。試験内容以前の問題ですね。。。こんなやつが落ちるのは当たり前ですw)
試験時間にはなんとか間に合ったんですが、夏の暑い日で、チャリを漕ぎまくったので、汗だくでした。
回答用紙にもポタッポタッと垂れるくらいw
(今思うと笑えますが、当時はいたって真面目でした。人生懸かってるわけですから!w)

だからと言って諦めるわけにはいかないので、必死に問題を解きました。
ただ、難しかったので、きっと落ちたなと心のどこかで思うような出来でした。

いよいよ合格発表日、ネットで確認できるということなので、早速開いてみると、
はい。予想どおり僕の番号は無し
落ちた人は、自分の順位を聞くことができるので、参考までに聞いてみることに。
ちなみにこの試験は、900人受けていました。(合格者数は10人!)

職員さん「では、ご覧ください。」
僕「ありがとうございます。では・・・」

6、6、600位っっ!!w

正直、めっちゃ恥ずかしかったですね。
きっと、職員さんも「順位確認しにくるってことは、ちょっとは自信があるヤツなんだろう」と思っていたはずなので、きっと僕に閲覧させる手続きの際に、職員同士で笑いものにしていたに違いない!w 違いない!w

戦意喪失した僕はこの足でパチンコにw
(そこは、悲壮感漂わせて勉強しろや!!w)

このあと、1週間ほど、心が安定しなかったですね。
今思うと怖いんですけど、YouTubeで、「猫がハトを襲う映像」とかいっぱい見てたんですw ゾワッ
書いてて思いましたが、生きていく中で、精神が安定しているって大事ですね!w

こうして、ハトでお腹いっぱいになった僕は、再度勉強することにw
バイトしながら、自分で決めたルールに則って、ひたすら勉強をする毎日。

 

合格!

とうとう、二回目の試験。最終的に20人が合格となる試験。
学生っぽい若造もおり、総勢200人くらいが会場の中に。男も女も、イケメンも美女もブサイクもブスもひょろいヤツもデブも全員が敵に見えましたw
そして試験官もw
(あ、ちなみにこのときは試験会場間違えませんでしたw)

「はいっ時間です。」

試験を終えると、今までやったことを出し切れたという満足感に浸りました。
(まだ受かったわけではないんですがw)
なんとなく、突破できるという、自分の中で確信に近いものがありました。

さあ、試験発表の日です!
バイト中にスマホで結果を見ることもできたのですが、家に帰ってデスクトップパソコンで見ようと、なぜか決めていたので、家に帰って早速見ることに。

あった!僕の番号!!

祝、筆記試験突破!!

そう、これは筆記試験。ここから、面接試験が2回あります。それを突破しないと公務員になれません。
ただ、僕は筆記試験が受かれば、受かると思っていました。これも確信に近いものがありました。
コネがあるわけでもないんですが、昔から面接なら受かるっていう変な自信がありましたので(`・∀・´)
(昔から良い人そうに見せるのが得意なんですw)

このあと、順調に面接試験をこなし、晴れて公務員へ♪

最後の結果発表見たときは、生きてきた中で一番うれしかったですね!
うれしくて泣きましたよ。
家族も喜んでくれるし。

やっぱ、一生懸命取り組んだことが形になるとうれしいですよね♪
特に、つらい時期を過ごしたりしていると尚。

ここで受かったお陰で結婚もできたし、これから子供も産まれてくるし、ほんと良かったです(^^♪
頑張ってよかった。

これで、パート4というか、僕の公務員になるまでの道のりは終了になります。今後は、僕が実践した勉強方法なんかも書こうかと思っています。
ここまで読んでくださった方々、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*