CryptoGame~現状把握~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも!最近、様々なCryptoGameが世に出回っているせいで、暗号通貨の情報と、CryptoGameの情報、2つを相手に奮闘しているため、若干消耗しつつある「ゆう」です。

今回は、そんなCryptoGameの現状について、自分なりの考えをまとめてみようと思います。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
CryptoKttiesの登場

CryptoGameをプレイしている方であれば、皆さんご存知のこのゲーム。
このゲームがきっかけでCryptoGameが世に知れ渡りました。
つまり、CryptoGameの先駆け的存在ということになります。

ということで、このゲームが人気を集めた原因を探ることで、なぜ、様々なCryptoGameが乱立するようになったのかについて知ることができるのではないかと思い、僕なりに考えてみることにしました。

CryptoKittiesの人気絶頂期には、このゲームによるトランザクションが増加し、イーサリアムの送金手数料が高騰してしまうほどでした。

なぜ、このゲームがこんなにも人気を得たのか?

その答えは、ブロックチェーン上で動いているゲームだから。ということに尽きるのではないでしょうか。
ブロックチェーン上で動くということは、基本的には改ざん不可能なゲームということになります。
これまで、頻繁にニュースで取り上げられたりしていましたが、例えば、モバイルゲームなどのガチャの出現率が操作されたりして、数十万円も課金したのに、目当てのものが出現しなかったなど、悪意をもった運営側による詐欺行為がブロックチェーンに載せることで、ほぼ不可能になります。

これによって、通常の中央集権的な課金ゲームよりも、付加価値の高いゲームとして受け入れられたのではないかというのが一つ。

(余談ですが、ブロックチェーンは、第三者を信用することをせずとも取引ができるという、トラストレスな点が優れている部分と言われています。
オープンソースであるため、不正があればすぐに見つけられてしまいます。
そのおかげで、ユーザーは、ゲーム作成者が誰かということを気にせず、ゲーム自体が面白いのか面白くないのかという部分だけに専念できるようになってきています。)

もう一つの理由は、投機妙味があるから。

CryptoKittiesは、約1,300万円で取引されたこともあります!
売った側は、いくらかけてその猫を作ったのかはわかりませんが、多くても数万円だと思われます。

数万円が約1,300万円に!

この爆発力は、少し前の草コイン投資が流行ったときのようですね。

このように、ゲーム上のアセットを売買でき、価値が高騰する可能性があるということから、投機的な参加者も増えてきているのだと思われます。

CryptoKittiesが人気を集めたことをきっかけに、現在、様々なゲームが乱立しています。

なんだか、暗号通貨が流行りだした頃と似ています。
主軸となるものが買われ、その後、草コインのようなものに資金が流れ、徐々に淘汰されていく感じ。

 

CryptoGameの今

Dapp Radar(イーサ系のDappの一覧が見れるサイト)でカテゴリをGameに絞って見てみると、

2018年3月16日現在で、61個のゲームが存在しています!

61個ですよ!!
多すぎて、全ては把握できませんw
基本的には、ブロックチェーン上で動くので、何かのアクションを起こすたびに課金が必要になりますので、全てやろうとも思いません。

ということは、必然的に面白いものに資金が集まるということ。
投資も同じですが、流動性って大事。
結局、売りたくても売れない状況になるとキツいですからね。。。

ちなみに、現在取引数が多いのは、

1位:CryptoKitties(猫育てるゲーム)

スポンサーリンク

2位:ETHERBOTS(ロボットのパーツを組み合わせて戦わせる)

3位:EHERCRAFT(ダンジョン系RPG)

 

この辺りを触っておく分には、流動性もある程度保たれているので、多少安心できるかもしれません。
ちなみに、僕は3つともプレイしていませんw

これら以外に人気なものとしては、
BitPet


が挙げられます。

BitPetは、イーサブロックチェーンには載っていない?っぽいですので、DappRadarにも出てきません。
イーサを入金して、ゲーム内通貨で取引を行う形なので、取引自体は、オフチェーンで行っているのかも。←すみません。詳しく調べていません。
スポンサーリンク


BitPetは、BitPetを売買したり、合成させて新しいBitPetを作ったり、ミニゲームに参加して報酬を得ることができるゲームです♪
ちなみに、3月22日にBitPetRaceが開催予定です!
これを機に始めてみては?
やってみたい方はこちら(BitPet公式)から始められます。

ちなみに、僕も多少利益が出ています♪

このように様々なゲームが存在していますが、こんな異質なゲームもありますw

以下は、僕のtweetですが、

 

 

このように、ネタで作ったんじゃないかと思うようなものも沢山ありますw
もちろんプレイしたことはありませんw

まだまだ、CryptoGameは黎明期であり、今後どうなっていくのかわかりませんが、先行者有利であることは間違いないので、今のうちに好きなゲームを見つけて、投資しておくというのも一つの手だと思います。

僕が今後期待しているのは、CryptoHorseです!!
CryptoHorseについては、こちら(CryptoHorse)で記事にしていますので、よかったらご覧ください。

みなさんもハマれるCryptoGameを見つけてみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*