CryptoHorse~種付けしてみた~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

「種付け」この言葉がこのゲームに合っているのかわかりませんが、一般的な競走馬育成ゲームに倣って使わせていただきました。

意外と良いCryptoHorseができたと思います♪
詳しく書いていきますね!

スポンサーリンク

良さげな牡馬を購入

先日、こちら(僕の馬、売れました~)の記事で書いた通り、牡馬を売却しましたので、まずは、繁殖能力のある牡馬を購入することに。

う~ん。中々、安くて良い馬っていないんですよね~。
まだレースが実装されていないこともあり、どう判断して良いのかわからないのが現状です。
ただ、ホワイトペーパーによると、「身長の高さ」と、「スピード能力」がレースの勝敗を分けるとのこと。
(ホワイトペーパーについては、こちら(話題のDAppsで遊んでみた!~CryptoHorse~)の記事をお読みいただければと思います)

現在所有している牝馬の能力は、ぶっちゃけびみょー。ちなみにこちら↓

身長:125cm
スピード:45.44km/h

身長は、まあまあなんですが、スピードは遅い気がします。
個人的には、50.0km/hは欲しいかなと。
(なんの根拠もありませんがw)

この女の子に合う男の子を見つけなければならないのですが、上に書いたとおり中々いないんですよ。
スピード能力でソートしてみたりするんですけど、バカみたいに高額だったり、既に繁殖能力無かったり。。。
(CryptoHorseでは、牡馬も牝馬も4回交配させると繁殖能力を失う仕様です。)

そんな中探し出したのは、この子!!

「Tau」君です!
身長:114cm
スピード:54.75km/h

スピード能力は中々だと思います!
身長は、女の子より低いw
いや~、尻に敷かれますねこれはw

ちなみに価格は、0.375ETH!!
日本円換算すると、約29,250円
えーと、アホですねw

まだレースに出走することもできないゲームに約30,000円も使うなんて。。。

でも、いいんです。最先端の技術に触れているというだけで満足なのでw
ホント、ゲームしながら、スマートコントラクトってこういうもんなんだ!ってのを肌で実感できます!
暗号通貨に投資している方は、なんでもいいので、CryptoGameを触っておくべきだと思いますね。

話が逸れましたが、早速種付けしてみることに♪

 

種付け

ここでは、種付けの仕方を紹介します。

まずは、ページ左上の赤枠で囲った「stable」をクリックし、所有馬の確認をします。
以下のように所有馬が現れます。

スポンサーリンク

赤枠で囲った「mate horses」をクリックします。

 

馬を選ぶ画面になりますので、交配させたい牡馬と牝馬をクリックで選びます。
ここでは2頭しかいませんので、両方クリックします。

 

選択すると、赤枠で囲った「make a Baby」ボタンが出現するので、クリックしましょう。
(「子供を作る」ってw すごい直接的w)

 

MetaMaskが起動しますので、問題なければ「SUBMIT」をクリックします。
約1,244円
うーん。高いのか安いのかわからんw

この後、トランザクションが承認されるまでしばし待ちます。

トランザクションの承認が終わると、0.015948ETHと引き換えに我が子が!!w
(この辺りがスマートコントラクトを実感できる瞬間ですね♪)

 

待ちに待った我が子

ママとパパと並んで、可愛いですねw
「Broria JKN9」
なんか呼びづらい名前。。。w
性別は「女の子」ですね!
では、重要な能力値を見てみましょう!

 

おっ!
身長:114cm
スピード:54.75km/h
身長低めだけど、スピードは良さげじゃん♪

あれ?そんな感じの馬が既にいたようなw

あ!パパの能力とまるっきし一緒!!w
う~んと、どういうことでしょう?
たまたま?偶然?奇跡的に?

ま、まさかバグ!?w

良くわかりませんが、牡馬であれば、現在約3万円の価値を持つ馬が産まれました♪
牝馬なので、もう少し評価が下がるのかもしれませんが。

とりあえず、この子は売らずに、配合についていろいろ試してみたいことがあるので、実験台的な役割になってもらおうかなとw
(あ、でも安っい馬買って実験台にした方がいいか。)
もし、売りに出されていたら、アイツ売りやがった!!
と罵ってくださいw

ちょっと謎な部分がまだまだ沢山ありそうなゲームではありそうですが、CryptoGameはまだまだこれからのものが多いので、全然許容範囲ですw
今は徐々に面白くなっていく様を見届けたい気持ちでいっぱいですw

ということで、今後は実験的なことを色々試して、ご報告していきたいと思っていますので、乞うご期待!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*