CryptoZombiesでSolidityについて学んでみた~Lesson1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも。最近CryptoGameばかりしている「ゆう」です。
今回は、遊ぶだけでは物足りず、ゲームがどのように作られているのか気になったので、ゾンビを作ってゲームアプリ開発を学べるということで最近話題の「CryptoZombies」を実際に触ってみました。

スポンサーリンク
CryptoZombiesとは





Loom Network社が、ブロックチェーンでの次世代のゲーム開発者を育てるために無償で提供しているイーサリアムでのコーディングを学べる教材です。

以下は、CryptoZombiesの公式ページの引用ですが、

CryptoZombiesはイーサリアム上でゲームを開発する方法を学ぶ、無料のオンラインレッスンです。
このコースはSolidity初心者向けで、誰でもできる基本からはじめます。Solidityについて何も知らなくても大丈夫です。一歩一歩やってみましょう。

とのこと。

ここで、出てくるSolidityというのは、独自のプログラミング言語の一つで、Ethereumで使うために生み出されました。
なので、Ethereum上でゲームアプリを作るのであれば、避けては通れないプログラミング言語ということになります。

また、Solidity初心者向けで、誰でもできる基本というように書いてあるとおり、とてもわかりやすいです。
ただし、あくまで、「少しでもプログラムを書いたことがある人にとっては」という感じかと思われます。
全くプログラム知識が無い状態だと、ちょっと難しいかもしれません。
この理由も後述します。

ページの最後にこのように書かれています。

CryptoZombiesは誰がつくったのか、なぜ無料なのか?
Loom Network。イーサリアムサイドチェーン上で稼働する大規模なアプリケーションプラットフォームを開発しています。

ブロックチェーンは、単に支払いの決済だけではなく、より多くの可能性を秘めていると信じており、多くの開発者が既存の枠組みから飛び出して大規模なDAppを開発してほしいと願っています。ゲームは、ブロックチェーンが革命を起こす一つだと確信しています。ブロックチェーンでのゲーム開発で次世代を刺激することが、CryptoZombiesを開発した理由です。

ブロックチェーンを用いることで、様々な分野で革命を起こすと言われていますが、ゲームとの相性が良いということは、以前から言われていましたよね。
次々にCryptoGameが生み出されていますし。

ゲーム業界では、徐々に革命が起きつつありますが、こういったサービスを提供することで、更に革命を推し進めようということなんだと思います。
利益よりも、ブロックチェーンの普及に努めようとしているLoom NetWork社は、本当に素晴らしい会社だと思います。

 

CryptoZombiesを始める

まず、CryptoZombies公式ページへ。
上のリンクは、日本語対応しているページに飛ぶようになっています。
(ちなみに、このリンクから飛んでも一切僕にはメリットありません。アフィ要素一切なしで紹介させていただいています。)

「始めましょう。無料です。」ボタンをクリック。

スポンサーリンク

目次が出てきますので、早速レッスン1へ行きたいところですが、一番下にある、「サインインをすれば進捗をロード」をクリックして、サインインしておきましょう。
サインインしておくと、進捗状況を保存できるので、次回以降使う際に便利です。

では、早速レッスン1へ。

 

レッスン1

全くプログラム知識がないと難しく感じるかもしれないという理由がこちらになります。
(例:Javascript)である程度経験があることを前提に進める
と書かれています。
もしも全く知識がないという方が始めるのであれば、わからない言葉が出てきたら逐一調べるというようなことをしないと厳しいかもしれません。

僕は、以前C言語を少し触っていたので、レッスン1については、理解しやすかったです。
なので、何らかのプログラミング言語を触っていた経験のある方にとっては、苦にならないかと思います。

では、レッスン1についての説明なのですが、コードの記述などをここに載せてしまうと、ネタバレしておもしろくないと思いますので、載せませんw

なのでここでは、レッスン1でどんなことが学べるのかについて、紹介します。

基礎中の基礎を学ぶことができる。具体的に言うと、

・コントラクトについて
・変数
・構造体
・配列
・関数

コントラクトについて以外は、どのプログラミング言語でも使うような基礎的な内容です。

それぞれ、とてもわかりやすく説明されていて、テスト問題も実用的でやっていて楽しいです。
特に、だらだらとした記述にならないよう、コンパクトに効率的なコーディング方法を教えてくれるようになっているところも良い点だと思います。

最後には、実際にコーディングしたプログラムを動かして、自分だけのゾンビを作成できるところも良かったです。




ちなみに僕が作った、ゾンビはこちら、

早速レッスン2、3と進んで、solidityについてさらに学んでいきたいと思います。

みなさんも、興味があれば是非この機に勉強してみては?

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*