CryptoZombiesでSolidityについて学んでみた~Lesson2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも。最近、solidityを学ぶのが楽しくなってきた「ゆう」です。
CryptoZombiesは、コーディングテストの際にも、間違っていれば、どこが間違っているのかが表示されたり、どうしてもわからないときには、解答を見れたり、とてもわかりやすい教材なので、楽しく勉強できています。

今回はレッスン2を終えましたので、前回に引き続き記事にしてみました。
前回記事はこちら(CryptoZombiesでSolidityについて学んでみた~Lesson1~

スポンサーリンク
レッスン2





では、早速、レッスン2についてです。

チャプターが1~14までありますので、それぞれでどんなことが学べるのか紹介していきたいと思います。
※ 実際のコーディング画面は載せませんので、ご了承ください。

また、僕も初心者なので、間違っている部分があるかもしれませんので、もし気づいた方がおられましたら、コメントでもツイッターでもいいので、ご指摘いただければと思います。

チャプター1
ゾンビが人間を捕食するデモ。(ここではコーディングしません。)

チャプター2:マッピング(Mapping)とアドレス(Address)
Mapping:データを格納するために使う方法の一つ。 Address:アカウント毎のユニークな番号。

チャプター3:Msg.sender
グローバル変数の一つで、関数を呼び出したユーザーのAddressを参照できる。ユーザーのAddressに紐づいた処理を行う場合には必ず必須。

チャプター4:Require
これを使うと、指定した条件でなかった場合、エラーを投げて処理を止めることができる。

チャプター5:継承
同じようなロジックを何度も書く必要のないよう、コントラクトを継承することで、継承元の関数にもアクセス可能になる。これによって、コードを短くまとめることができる。

チャプター6:Import
長いコードを書く場合、いくつかのファイルに分けることで、把握しやすいようにすることができるが、このImportは、分けたファイルをインポートする際に使用する。

チャプター7:ストレージVSメモリ
Storage(変数を永遠にブロックチェーン上に残しておきたいときに格納する場所)、memory(一時的に使用する変数を格納する場所)

チャプター8:ゾンビDNA


ゾンビのDNAと、捕食された人間のDNAの平均値を出し、新たなゾンビのDNAを作成する方法を学ぶ。

スポンサーリンク

チャプター9:別の関数とビジビリティ
InternalとExternalというビジビリティが存在する。Internal:コントラクト内と、このコントラクトから継承したコントラクトにもアクセス可能になる。 External:コントラクトの外からだけ呼び出し可能になる。コントラクト内からはアクセス不可。

チャプター10:ゾンビは何を食べるのか?
ここでは、他のDAppsゲームである、「CryptoKitties」からデータを読み込み、CryptoZombies内で利用できるようにする方法が学べる。
これがブロックチェーンゲームの醍醐味!
様々なゲームとコラボというか、アセットを共有できるってことですね♪

チャプター11:Interfaceを使用する
チャート10の続きで、外部のコントラクトデータ(ここではCryptoKittes)を読み込むための設定方法が学べる。

チャプター12:複数の返り値の処理
solidityでは、複数の返り値を設定することができる。その設定の仕方と、受け取り方法が学べる。

チャプター13:ボーナス:Kitty Genes
CryptoKittiesを捕食したゾンビの外見が変わるよう、CryptoKittiesのコントラクトから、getkitty関数を使い、genes(DNA的なもの?)を取得し、ゾンビのDNAに加える方法を学べる。つまり、外部データを参照し、それを使って、内部アセットのデータを変化させる方法を学べるということ。

チャプター14:まとめ

実際に、動かしてみて終了。




猫のDNAを取り込むとこうなるんですねw
自分でコーディングしたプログラムを実際に動かして、遊びながら結果を確認できるっていうところが良いですよね♪
次も楽しみになります!

ちなみに、チャプター1と14以外は、全てコーディングしながら学ぶことができます。
難しくてわからなくても、答えを見て学ぶこともできるし、どこが間違っているのかが、視覚的にわかるようになっているので、僕のような初心者でもなんとか食らい付いていけています。

ちょっと、自分のメモ的な記事になってしまいましたが、興味がある方は是非、触ってみてください。
CryptoZombieはLoom Network社が提供している無料のオンライン教材です。
以下のリンクから誰でも始めることができます。
CryptoZombies公式

 

最後までお読みいただきありがとうございました。




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*