dApps Builderを使ってdAppsを作ってみよう(デモ版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも@ゆうです。
今回は、デモ版のdApps Builderを使ってdAppsを作ってみましたので、紹介させていただきます。

スポンサーリンク
dApps Builder(デモ版)の使い方

dApps Builderについてはこちら>>>dApp Builderの紹介~コーディングせずにイーサリアムdAppsを作成できるプラットフォーム~

まずはdApp Builderの公式ページに行きましょう>>>dApp Builder公式

次にMetaMaskをRinkebyテストネットワークに切り替えて、ETHを貰います。

ETHの貰い方がわからない方はこちら>>>RinkebyテストネットワークでのETHの貰い方

画面左にこのようなメニューがありますので、「DAPPを作成する」ボタンをクリックします。

4種類のdAppから1つを選びます。
今回は、一番右の「Betting」を選択しましたので、この後の紹介もこちらで進めていきます。

スポンサーリンク

dApp名:dApp名を入力。
仲裁人:自分のETHアドレスを入力。
仲裁人の手数料(パーセント):0。
入札者の名前:好きな名前を入力。

「dAppを作成する」ボタンをクリック。

これで出来上がり!
右のSportsBetというのが今回作成したdAppです。

写真左の「dAppのテンプレートをカスタマイズする」ボタンをクリックすることで、背景や文字色などを変更できます。

こんな風に。

実際に、BETすることも可能です。
もちろんテストネットワーク上でですが。

簡単な賭け事なんかはこれで出来ちゃいますね!
法律的な問題はありますが。

出来ることはまだまだ少ないですが、こんな感じで簡単にオリジナルのdAppを作ることができますので、暇つぶしにでも作ってみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*