柔軟に学ぶことの大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

スマホやタブレットが普及し、インターネットへのアクセスが容易になり、そして安価になったことで、本を買うより安く情報を得られる時代になってきました。

常に情報が飛び交っているおかげで、技術もこれまでとは比べ物にならないほどの速さで日々進歩していっています。

昨日なかった技術が今日にはあるという感じなので、新しいもの嫌いな方は、ついていけなくなってしまいます。

ということで、今回は柔軟に学ぶことの大切さについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
閉鎖的な考え方を改める

今までこうだったとか、今こうやっているからとか、そういう閉鎖的な考え方だと、新しいものに対して拒絶反応を示してしまうと思います。
それって勿体ないです。

新しいものって、爆発的な力を秘めていると思います。だって、今まで誰も思いつかなかったものな訳ですから。

これまでにも色々ありますよね。例えば、パソコン、インターネット、スマホ。こういったものを拒んできた人たちは今の世では非常に生きにくいのではないでしょうか。

こういう新しいものが、世に出てきたときに、最初からシャットアウトするのではなく、少し調べたり、実際に使ってみるということが必要なんだと思います。
そうすることで、勝手なイメージだけでシャットアウトすることが減ると思います。

これは、ものだけではなく、考え方や価値観についても同じことが言えると思います。
人の意見を完全にシャットアウトしてしまう人いますよね。

スポンサーリンク

反対意見の中にも自分の気づかなかった貴重な意見が隠されていたりもします。そういったものも聞く耳持たずだと得ることができません。

つまり、ここで言いたいのは、新しいものも、古いものも、良いものも、悪いものも、一度受け止めるということが重要だということです。その後でゆっくり考えて取捨選択していく。
そうしていく内に、精度が上がって、より自分に必要なものを素早く選択していくことができるようになるんだと思います。

 

取り込んでいく感じ

だからと言って、自分の考え方や価値観が全て間違っていて、それを正せと言いたいわけではありません。

自分の考え方を置き換えていくのではなく、必要なものを取り込んでいって、自分の考え方、価値観に幅を持たせていく。

そうすると、これまで自分が得た経験から作られた価値観と新たに得た価値観の良いとこどりができます。

 

まとめ

価値観や考え方に幅ができると、投資ではもちろん仕事をする上でも、様々な視点から物事を捉えることができるようになったり、今までの自分だったら考えつかなかったことや、新たなアイディアが湧いてくることもあります。

劇的に世の中が変わっていく現代を生き抜くためには、自分以外の価値観や考え方をうまく取り込み自分の力にしていくことが重要だと思います。

なので、世間に置いていかれないよう必死でくらいついていこうと思っています。

 

この記事は、半分自分自身に言い聞かせているようなもんなので、皆さんの参考になったわかりませんが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*