Mobile DApps Browserの使い方~Trust~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

Mobile DApps BrowserのTrustの使い方について紹介します。

Mobile DApps Browser、Trustについては、こちらの記事(スマホでEthereumのDAppsを触ろう!操作が簡単なMobile DApps Browser3選)で紹介していますのでご覧ください。

スポンサーリンク
アプリのインストール

スポンサーリンク



まずは、以下のリンクからアプリをインストールしましょう。

iOS版(App Store)

Android版(Google Play)

※ 僕は、iOS版をインストールしましたので、iOS版で説明いたします。Androidの方でもアプリそのものの機能が変わるわけではないので、問題ないかと思います。

 

Walletの作成

アプリを開くとこのような画面になります。

新たにWalletを作る場合、「CREATE WALLET」、
既に利用しているWalletを使いたい場合は、「IMPORT WALLET」

を選択します。

今回は、新たにWalletを作る場合(CREATE WALLET)で、説明させていただきます。
※ IMPORTする場合には、当たり前ですが、秘密鍵の入力等が必要になるため、今回は行っていません。なるべく秘密鍵の入力は避けるようにしているので。

「CREATE WALLET」ボタンを押すと、すぐにWalletが作られ、このような画面になります。

「Backup Wallet」ボタンを押すことで、秘密鍵のバックアップをとることが出来ますので、面倒臭がらず、必ずこの時点でバックアップしておきましょう!

パスワードの入力をします。
※ 同じパスワードを様々なアプリ等で使い回す人がいますが、それが漏れた時点で多額の損失を被ることもあるので、使ったことのないパスワードを設定することを強くおススメします。

パスワードの入力が終わるとこのような画面が出てきますので、好きなバックアップ先を選びましょう。
LINEとかMailはセキュリティ上どうなんでしょうかね。

僕は、「メモに追加」を選択しました。
(メモについても、クラウド等にバックアップしている場合は、そのクラウドがハッキングされたら漏れる可能性がありますので、そのあたりは注意が必要です。)

これでWalletの作成は完了です。

作成したWalletは、写真右下のSettingsタブ→上から2段目のWalletsを選択すると確認できます。

 

Wallet(Watch用)の作成

スポンサーリンク



Trustでは、Watch用つまり、参照権限だけを持たせたWalletを作成することができます。

これは、どういうことかと言うと、Walletをいくつか所持している場合(例えばMetaMask,Toshi,cipherなどで分散管理している場合)に、それぞれの中身をTrustから確認することができます。

つまり、etherscanとEthplorerのような機能が備わっているということになります。

この機能を使えば、例えばTrustでDAppsを使おうとしたときに、TrustのWalletのETH残高が足りなかった場合、その他のWalletの残高をTrust内ですぐに確認することができます。

一つ一つWalletを確認するの面倒ですから、この機能はありがたいですね♪

では、Walletの作成方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

先ほど紹介した、Walletの確認と同様、

Settings→Wallets

でこの画面を開きます。

右上の「+」ボタンを押すと、Walletの作成画面が出てきます。

「IMPORT WALLET」を選択しましょう。

「Watch」タブを選択すると、Ethereum Addressを入力する項目が現れますので、WatchしたいWalletのEthereum Addressを入力します。

最後に「Import」を押して終了です。

秘密鍵の入力もありませんので、安全です。

ちなみにWatch用は、Addressの右側に眼鏡マークが付きます。

 

DApps Browserの使い方

いよいよDApps Browserの使い方です。
ここまでお疲れさまでした。

左下のBrowserタブを選択すると、以下のような画面になります。

あとは、好きなDAppsを選択して、DAppsを触り倒してください♪
以上w

ちなみに、今のところTrustはNewDAppsという新規に追加されたDAppsがトップに表示されるようになっています。

新しい物好きな方にとってはうれしい機能ですね!

じゃんじゃんリリースされたばかりのDAppsを触っちゃいましょう♪

 

設定など

ハッキリ言ってここは読まなくても大丈夫です。
たぶん使っているうちに触るだろうし。
難しくないし。

Networkの切り替え方法

Settingsタブ→Network

でこの画面になります。

デフォルトでは、Ethereum(ETH)が選択されています。
基本的には変更する必要がありませんが、TestNet上で動いているDAppsを触りたい場合には、変更してください。

たぶん普通に使う場合には触らなくて問題ありません。

 

Walletの法定通貨建ての価格表示

Settingsタブ→Currency

を選択すると、様々な法定通貨がリストになって出てきますので、日本円を選択すれば、現在保有している暗号資産が日本円建てで表示されるようになります。

以上がTrustのインストールから使用方法までの紹介になります。

Trust以外にもMobile DApps Browserはあります。

僕の記事では、Cipher、Toshiについても書いていますので、よろしければ以下のリンクからご覧ください。

Mobile DApps Browserの使い方~Cipher~

Mobile DApps Browserの使い方~toshi~

また、3つのMobile DApps Browserの比較記事もありますので、どのアプリを使おうか迷っている方は、以下のリンクからご覧いただけます。
スマホでEthereumのDAppsを触ろう!操作が簡単なMobile DApps Browser3選

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*