Parsec Frontiers~やっぱり協力プレイが重要そう!スマートコントラクトの活用によってより自由度の高いゲームに!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どうも@ゆうです。
僕もかなり期待しているParsec Frontiersですが、また良さげな情報が出ましたので、紹介させていただきます。

スポンサーリンク
Parsec Frontiersについて良く知らないという方は、こちら>>>Parsec Frontiers~宇宙を支配するのは君だ!~

今回の記事を読んでいただければ、よりParsec Frontiersに期待してしまうのではないでしょうか。
(あんまり煽りたくはないのですが、個人的に期待しているゲームなのでお許しを)

Parsec Frontiersの記事はこれで2つ目なのですが、他の記事を書く時よりも異常にワクワク感を感じながら書いていますw
きっと心の底から期待しているのでしょう。裏切られた時が怖いw

ではでは、前置きはこのくらいにしといて、早速本題に入ります。

ブロックチェーンの活用とチームプレイ

【ポイント】
・リアルタイムMMOの長所を生かすためにもブロックチェーンの利用は最低限に抑える。
・プレイヤーがスマートコントラクトを自由に使えるようにすることで、プレイの自由度を格段に向上させる。

ブロックチェーンの利用は必要最低限に

Parsec Frontiersは、リアルタイムMMOなので、ゲーム内での細かい動きをいちいちブロックチェーンに記録していくことはできません。

戦闘シーンなどでは特に。

なので、基本的には、資産の管理や、ゲーム内におけるプレイヤー同士での契約などに限り、ブロックチェーンを利用することで、資産を安全に管理し、また、スマートコントラクトを活用し、プレイヤー同士の協力を容易にスムーズに行えるようにし、協力プレイを促進しようと考えているようです。

スマートコントラクトを自由に使えるようにし、プレイの自由度を向上

現在遊べるブロックチェーンゲームは、個人プレイが基本となっているものが多いですが、Parsec Frontiersでは協力プレイに重きを置いているゲームということが伺えます。

このことについて、もう少し具体的に運営側が説明しているのですが、それをさらに噛み砕くとこうなります。

A店で商品1を購入→商品1をB店で高く売れることを知るが、B店への移動手段が無い→B店まで連れてってくれる人を募集→〇さんを雇いたいが信頼できない→必要事項(報酬、失敗した場合にどうするか、期限など)を決めて、スマートコントラクトによる契約を締結

こういったことをゲーム内で実現させようとしています!

もちろんこれは、例の一つに過ぎません。

運営側としては、プレイヤーがその時々に応じて、自分たちでスマートコントラクトを自由に組めるようにしていきたいとのこと。

さらに、ダイアグラム形式でスマートコントラクトを組めるようにすることで、プログラミングの知識がなくとも実行できるようにすることを目指しているそう。
とは言え、やはり複雑な契約になってくると、それなりにプログラミングの知識が必要になるみたいです。

また、こういうプログラミング知識に精通した方には、ゲーム内で弁護士のような役割を担ってくれることに期待しているとのこと。

ここまで読んでいただければ、皆さんも感じていると思いますが、プレイヤーの自由度が半端ないですよね!

Parsec Frontiersは、真に分散化した世界を仮想現実の中で実現しようとしているのかもしれませんね。(妄想ですが)

そうなったら、もはやゲームの域を超えて第2の現実になりそう!w

このレベルのものだと、ゲーム内に留まらず、実社会でも使われるようになるかもしれません!

スポンサーリンク

ということは、Parsec Frontiersをプレイすることで、実社会で実装される前の最先端技術に触れられるかも!

いやーほんとにワクワクさせてくれます♪

ちょっと話が逸れてしまいましたが、こういった仕組みを活用して、ゲームを攻略するには、やっぱり他のプレイヤーとの協力は必要不可欠かと思います。

ガバナンス

・プレイヤー第一主義で開発

ゲームの開発が進んでいくとどうしてもルール変更を迫られる場面が出てきます。

これは仕方のないことですが、モバイルゲームなど多くのゲームでは、この決定権は、運営側が握っていることがほとんどです。

Parsec Frontiersでは、こういった場面において、プレイヤーの意向に沿った変更を実現させようとしています。

具体的な考えもあるようで、

ルール変更の際に、プレイヤーとの合意を図ることを条件とするプロトコルを開発したいと考えていて、その良い方法が見つかった際には、ブロックチェーン上で実行したいとのこと。

おそらく、投票システムのようなものになるかと思われますが、

プレイヤー第一主義

で開発してくれている感が凄く伝わってきて、Parsec Frontiersの運営は信頼するに値するチームだと思います。

まとめ

・ブロックチェーン技術を利用し、トラストレスでスムーズな協力プレイを促進しようとしている。
・プレイヤー第一主義で開発してくれている。

とにかく、プレイヤー重視の開発を行ってくれているということは伝わったでしょうか。

こういう考え方の運営さんには好感持てますよね!

また、ゲームの攻略という点で考えてみると、やっぱり協力は必要になってくるかと思います。

前回の記事でも募ったのですが、僕とチームを結成してくれる方を募集しています。
このゲームが動き出すのはまだまだ先で、募集が早すぎるかもしれませんが、動くなら早い方が良いかなと思っていますので!

ちなみに、

このツイートの流れを見てもらえばわかるかと思いますが、この界隈で有名な方々も参戦してくれています♪

ということでチームに参加してくれる方はこちら>>>@ゆう

までDMください!お待ちしております。

この記事は、Andrey TsirulevさんのMediumを基に書いております。

参考にした記事はこちら>>>Parsec Frontiers blockchain — Looking for the One

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*