「タラレバ」の話~株での失敗談~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

これは、僕が「ガチホ投資」という長期目線での投資スタンスに舵を切るきっかけになった話になります。

皆さんもよくある「タラレバ」の話です。

スポンサーリンク
役1年半前くらいに買った株が、かなり上がっていました。でも、その前に売ってしまったので、ちょっとした利益を得ただけでした。

「今も持っていれば」

なんてことは、投資をしていれば良くあるタラレバの話で、こういう経験は投資感覚を狂わせるとも言われます。

 

タラレバ

タラレバ話を良くする人はどういう人か。
自分の投資スタンスが決まっていない人が多いと思われます。
自分が短期、中期、長期のどの視点で見ているのかが決まっていないということです。

この辺がブレブレだと、価格が変動する度に、心を揺さぶられることになります。
少し下げればヤバいと思って売って、ちょっと上がると、更に上がると思って買う。

これを繰り返し、利益が出るどころか赤字になり、訳が分からなくなってしまう。

で、以前買っていたものが、値上がりしていたりすると、「今も持っていれば」となるわけです。

 

僕のタラレバ話

ここからは、株での僕のタラレバ話になります。

イーガーディアン(証券コード:6050)とビジョン(証券コード:9416)という銘柄があり、それぞれ以下の画像にあるとおり、2016年9/20(100株:118,694円)、同年10/14(100株:196,194円)に購入しました。

そして、これまでの高値は以下のとおりです。
※それぞれ、株式分割を行っているため、チャート上ではそれを考慮した金額となっています。

イーガーディアン
購入時

高値

スポンサーリンク

いや~倍以上になっていますね。

次にビジョンです。
購入時

高値

こちらは3倍以上!

1年半2倍3倍
これは、タラレバ話したくなりますw

それぞれ、僕なりに将来性を見出し、投資に踏み切ったのですが、残念なことにこの当時は、投資スタンスがブレブレでした。

上がれば喜び、下がれば失望する、そんな一喜一憂する日々を送っていたのです。

もちろんこれでは、大きく利益を上げることはできないということに気づき、自分で勉強したことや考え方に自信を持ち、それが覆るような出来事が起きないようであれば、「ガチホ」するという長期視点での投資にしようと決めました。

 

まとめ

自分の投資スタンスを確立してからは、気持ちが楽になりました。日々の上げ下げに一喜一憂することがなくなり、チャートなどで値動きを確認する時間もかなり減りました。

長期投資をするのであれば、値動きの確認もある程度は必要なのですが、それよりも、情報収集と、想像(妄想)力を働かせることの方が大事だと思っています。

たぶん、投資スタンスがブレブレという方は、結構いらっしゃるかと思いますので、これを機に自分の投資スタンスを見直してみるのはいかがでしょうか?

時間が取れない方は、環境的に短期投資には向いていないと思いますので、「ガチホ」候補者だと思いますよw

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*