仕事とは~2度の転職の末、公務員になった男の仕事観~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

どーも、全く経済的自由が得られていない「ゆう」です。
今回は、僕の仕事観についてのお話になります。

スポンサーリンク


仕事って何のためにするの?

皆さんは、何のために仕事していますか?
社会に貢献するため?自分を成長させるため?楽しいから?お金を稼ぐため?仕事していないと一目が気になるから?

スポンサーリンク

僕は、ハッキリと自信を持って言えます!
「お金を稼ぐため」
に仕事をしています。
それ以上でも以下でもありません。
生活する上でお金を稼ぐ方法が、現状これしかないから、仕方なく仕事していますw
転職して、やっと安定した職業に就いたヤツが言うセリフではないかもしれませんがw
(僕の転職話についてはこちら「公務員になるまでの道のり」)

たぶん、意識の高い(仕事に対する)方や、真面目過ぎる方、仕事が楽しくて仕方ない方たちにとっては、違和感のある考え方かもしれませんし、不快に思う方もいると思います。
(そういう方は、この辺で読むのを辞めていただいた方が良いかもしれません。)

いくら、周りの方がこの考え方に異を唱えたとしても、どうにもなりません。
僕の考え方に異を唱えたところで、僕なりに様々な経験を通して出た答えがこれなんですから。
あと、正確も頑固なんでw

とはいえ、僕も楽しく生き生きと仕事が出来るんであれば、それはとても幸せなことなんだろうなとも思ってます。
楽しいと思えることをしてお金を得られる仕事をしている人は、ハッキリ言って羨ましいです。

ただ、それは一握りの人。
多くの人は、日々我慢しながら仕事を続けています。
だから、人間関係に疲れても、体がボロボロになっても働き続けて、終いには心が病んで自殺してしまうっていうことも頻繁に起きていますよね。
悲しいことですが、事実です。

これじゃ何のために働いているかわからないですよね。
客観的に見たら、寿命を縮めるために働いているの?
と思ってしまうくらい。

 

仕事って一つしかないの?

みんな仕事をして消耗しきってる。
こうなってしまうのは、何がいけないんでしょうか。
国?県?市?会社?
僕は、違うと思います。
今挙げたのはすべて、自分ではどうにもならないものです。
これに文句を言ったところで、すぐに変わるものではありません。

結局のところ物事を判断し、最終決定を下しているのは自分自身です。
ブラック企業であれ、その会社に就職しようと思ったのは、自分。
その会社を辞めることができるのに辞めないと判断したのも自分。
転職先を探そうとしなかったのも自分。

一度逸れてしまった道を元通りにすることが出来るのも自分。

泥沼にハマる前に気づいて抜け出せるのが一番ですが、ハマった後でも、全身が浸かってしまう前であれば抜け出せます。
自力で抜け出すことだって、誰かに頼んで引き抜いてもらうことだってできるかもしれません。

もちろん、日本の社会的にまだまだ簡単に転職ができる環境が整っていなかったり、ブラック企業が多かったりと、社会的な問題を多く抱えているのは事実ですが、人のせいにする前に自分がアクションを起こすということが大事だと思います。

体を壊してしまったり、死んでしまっては何にもなりません。

仕事は一つじゃないんです。
いくらだってあります。
むしろ、仕事しなくたって、死ぬくらいなら、生活保護を受けるっていう道だってあります。

説教じみた話になってしまいましたが、僕はそう思っています。

 

もっと気楽に考える

偉そうなことを言っている僕も、失敗を重ね、転職を重ね、今の仕事に就いた挙句、必要最低限の収入を確保するためだけに働いているつまらない男です。

そんな僕も、1年くらい前までは、仕事に対する意識も高く、常に求められたこと以上の成果を出そうと躍起になっていました。
今の僕からは想像できませんが。

スポンサーリンク

なので、ピリピリすることも多く、周りの同期なんかをライバル視していたりしました。
もっとこうしなきゃ、これじゃ認めてもらえない、このままじゃアイツに抜かれるとか考えてました。
きっと出世しなきゃ幸せになれないと思っていたんだと思います。

今考えてみれば逆ですよね。
幸せになるためには、まず健康なこと。
家族といる時間をなるべく多く確保すること。
これが一番!
お金なんて必要最低限あれば生きていける!
職場でのことを考えてみても、ピリピリしていたら、他の誰かというか職場の雰囲気が悪くなるし。

きっと、心にゆとりがなかったんだと思いますね。
昔ながらの考えで、一生懸命働いて、出世してっていうストーリーを知らず知らずのうちに描いてしまっていた。
中途で入ったからなおさら、年下のヤツに負けたくないってのもあったんだと思います。

こういう考えのままで、将来出世できなかったらと思うとゾッとしますね。
それこそ病んでしまうかもしれません。

こんな風に思えるなんて、1年でよくここまで変わったなと思います。ほんと。

仕事に対する考え方で一番変わった部分は、大まかに言うと、
色んな事をルーズに考えるようになったってことですね。
以前の僕であれば、きっちりスケジュール組んで、それよりも早く終わらせて、空いた時間で現在の課題を改善するにはどうしたらいいのか考えて、上司に提案してってな感じで仕事していました。
(超バカ真面目!!w)

スポンサーリンク



今はというと、スケジュールはもちろん組みますが、大体その通りになっていればいいかなというような感覚。
課題の改善も、必要最低限で、時間が許す範囲しかやらないようにしました。
そうしたことで、仕事のことで思いつめたり、休みの日に仕事のことを思い出して、あれこれ考えたりすることもなくなりました。

こうなると、職場でもピリピリすることはほとんど無くなりました(残業になりそうになるとピリピリしますw)し、早く帰れて家族との時間も多く取れています。
いや~、ほんと残業ほど無駄なものもないですよね。
時間は限られていますからね。

こんな風にほぼ真逆の考え方になったのも、もちろんきっかけがあります。

 

投資を始めたことで考え方が180度変わった

バカ真面目で仕事で消耗してた僕が、180度考え方を変えられたのは、投資を始めたことがきっかけでした。

投資って、世の中のことを知らないと、うまくいかないんで、最新の情報を得るためにSNSとかも良く使うんですよね。
そういった中で自分と違う考え方の方が世の中には沢山いることに気づきました。

そんな方々の意見をSNS上で見ているうちに、自分は何のために働いているんだろうと考えるようになりました。
転職した理由や、やりたいこと、やりたくないこと、大切にしていること、色んなことを考えました。

そうして出てきた答えが、仕事はお金を稼ぐための手段の一つであるということ。

お金を稼ぐということだけに焦点を当てれば、仕事だけじゃなくても、色々あるわけで、その中から自分が今の仕事を選択しただけ。
しかも、給料が高いわけでもなく、将来のためにいくら頑張っても1,000万プレイヤーにも届かないであろうことも分かっている現状、給料以上に働くことがバカらしく思えてきました。

そんなんであれば、仕事は必要最低限に留め、投資や自分が大切にしていることに時間を割くことが幸せな未来を手に入れるために必要なことなんだと思えるようになりました。

やっぱり、物事は狭い視野で考えちゃダメですね。
世の中には様々な人がいて、多様な考え方を持っている人の意見をSNSで聞くことができる。
良い世の中になったものですw

こんな話をすると、仕事サボったり、手を抜いたりしているんじゃないかと思われるかもしれませんが、そんなことはしていません。
やるべきことはやっていますし、なんなら以前より早く仕事を終わらせて、早く帰ろうと思っているので、日ごろから効率的に仕事をこなすことを心掛けているおかげで、スピードも上がっています。

考え方が変わるだけで人はここまで変わるのかと、自分自身びっくりしています。

ただ、僕の目標は、仕事を早く終わらせて早く帰ることではありません!
空いた時間で、投資し、最終的には経済的自由を手に入れるということが目標ですので、その目標に向かってこれからも努力を続けていきたいと思っております。

いつか、いつでも仕事を辞めてもいいくらい成功させたいものです。
(株で上手くいっていたのに、最近の暗号通貨の暴落で見事にマイナスになってしまっていますがw)

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*